2012年

3月

15日

語りますよ

 

ひさびさにえーにっきを更新してみました。

…「えーにっき」ってタイトルおかしいかな。二人の漫画なのに。

 

 

ツイッターにも書きましたが、私が初めて百合というジャンルに魅力を感じた作品を紹介したいと思います。

それは溝口健二監督の「祇園囃子」という映画です。

ちょっと「これ百合萌えなんですけどぉ〜」とかいうノリでは出せないものなのですが…。

 

 

amazonの商品説明から抜粋した、あらすじ↓

_______________________________________________

 

祇園を舞台に芸妓とそれを取りまく人々の生態を、細部まで徹底的に描き出した人間ドラマの傑作。祇園ではちょっと名の知れた芸妓・美代春のもとに、母を亡くしたばかりの少女・栄子が舞妓志願にやってきた。栄子の熱意に負けた美代春は、彼女を引き受けることに。やがて、1年間の舞妓修行を経て、初めて店に出た栄子。ほどなく大会社の御曹司・楠田に見初められる。一方、美代春も楠田の取引先である神崎から言い寄られるのだったが…。 導入部こそ、エキゾティシズムを意識したような視線で描かれるが、そこから先は溝口監督のするどい人間洞察力が遺憾なく発揮される。若尾文子の愛くるしさも目を見張るが、したたさかを内に秘めた木暮実千代の色香と浪花千栄子の貫禄がなんとも印象的。

_______________________________________________

 

 

芸妓の美代春と舞妓の栄子の関係が、私は好きなのです。

ただ、もちろん百合映画ではないので、男女のからみもあります。というか描写的にはそれがほとんどです。そして美代春と栄子が分かりやすくイチャイチャしているわけでもございません!

もうほんと、正統派な人間ドラマです。そしてモノクロ。

 

しかし、この二人のあいだの絆が、お話がすすむにつれて築かれていく過程が良いの。

ただし、最初はめちゃくちゃ仲がわるかったけど、最後にはべったべたに…という派手な展開ではない。んだけれど、たしかに最初と最後の二人はちがっているのですよね。

 

とある事がきっかけで、二人が花街からほされた時に姉役である美代春が責任をとるのですが、その後にとった行動と、台詞がもーもー。

 

 

昔の映画もたまに見ると良いものですね。

字幕ないと何言ってるのかわかんないけど。

 

 

最近では、FF13とかまどマギがよかったです。

ゲームやアニメはあまりたしなんではおりませんのですが、たまたま見たやつが良作でした。

 

 

 

 

 

 

 

ふぅ、話は変わりますが、引っ越したい。

 

生まれてからずーっと関西なので、一度は関東に暮らしてみたいです。

埼玉に住みたいです。

自分から見たらじゅうぶん都会なのに、東京にコンプレックスというか「どうせ東京に比べたら自分なんか…」とか思ってる感じがとても良い。完全に偏見です。

 

 

去年まで山暮らし、お風呂とトイレが共同の寮に住んでたので、許せる物件の幅はたぶん広いと思う!