2016年

8月

09日

生まれました

ひっそり報告。

もうすぐ三ヶ月です。

 

4 コメント

2016年

5月

08日

アイアムアヒーロー

観に行ってきました。

夕方頃に急に思いついて、そのままレイトショーへ…。

 

漫画を映画化…ってちょっとキケンな香りがするものもあるけど、

この映画は前評判も良さげだったので期待して観てみました。それでも予想以上に良かった!

2時間が短く感じられました。

 

原作ファンも満足出来るような出来だと思います。

漫画を読んでいない人にとっては、ひろみの立ち位置や映画の終わり方に「?」となるかもしれません。

しかしこれは長期連載中の漫画を映画化するにあたって、賢い判断だと思いました。

原作ファンだからといって、今までのストーリーを全部映画化してほしいとは別に思わないと思うのですよ。変なオリジナル要素を盛り込んだり無理矢理話を収束させようとせず、端折る所は端折って120分で出来る部分をバッサリ選別していて、私は好感もちました。

なにより「果たして英雄はヒーローになれるのか」という成長ドラマとしてのテーマが120分に渡ってきちんと一本芯が通っていて、一本の映画として、とても気持ちよく観れました。

 

まぁただ、思ったよりグロくてびっくりしたけどね!

ゾンビが子供だましじゃなくて真面目に怖い。

やっぱり目が互い違いだと人は恐怖を抱くだよね。

伊浦は原作でも怖かったけど、映画も戦慄したな〜〜。

アイツにだけは追いかけられたくないです。

 

 

ズートピアもちょっと観たいけどスケジュール的に無理かな〜。

DVD借りよう(*^.^*)

 

0 コメント

2016年

1月

01日

新年

あけましておめでとうございます!

 

昨年はいろいろと変化の多い一年でした。

今後もめまぐるしく変わっていきそうな予感です。

 

漫画は、もしかしたらどこかでお仕事できるかも…かも…
どうでしょうか、まだ分かりません。

 

今年もよろしくお願いします。

 

あずきバーをチンして、雪見だいふくを入れただけの即席ぜんざい。
ネットで話題になってて試してみました。

あずきバーが完璧にぜんざいです。良い仕事してます。うまい!

4 コメント

2015年

11月

15日

COMITIA114

久しぶりのコミティア参加でした。

今回は百合ではなく少女漫画ジャンルで参加。

にもかかわらず、百合ジャンルで出していた時にお越しくださっていた方も来てくれて、とっても嬉しかったです。励まし、応援の言葉もたくさんくださり、あたたかい気持ちになりました。

陣中見舞いも私なんかにもったいないくらい良いものをくださって本当にありがとうございます。

心のこもったお手紙も、大切に読ませていただきました。


ありがとうございました!



帰りのゆりかもめから。

なんか不穏な写真ですが、雨がそれほどひどくならなくてよかったです。

2 コメント

2015年

10月

14日

コミティア114 告知

受かりました!


スペースNo.ふ09bです。


久しぶりの参加だし雑誌で描いてないし百合とは違うジャンルなので、以前と比べて来る人減るだろうな〜!確実に!w
なので、コミティアにお越しくださる方は立ち寄っていただけると、とっても嬉しいです。

もう一人一人が心の支えw




出す同人は、ふくよかなOLのポジティブだかネガティブだか分からない恋模様です。

(以前に恋愛ものではないと書いたのに…)

ぜひぜひ。

4 コメント

2015年

10月

13日

ワンピース歌舞伎


11月のコミティア、5年ぶりに抽選になったみたいですね。

落ちても受かっても書類が届くらしいのですが、うちにはまだ届いていません。今日あたり…?
久しぶりに参加するのに落ちてたらショックだなー!

 


それはそうと先日、友人と3人でスーパー歌舞伎というものを観てきました!

ワンピースのアレです。

歌舞伎のかの字も知らず、勉強なども特にせずに臨んだので、「分かるかしら…?」とちょっと不安だったのですがもう全然!まったく堅苦しくなく、歌舞伎というかミュージカルって感じでした。それでいて歌舞伎要素もきちんと盛り込まれていて(見得(ポーズとり)隈取り(顔の模様)、早替わり(一人二役)、飛び六方(おっとっと〜)、ツケ(カンカン!という効果音)など)大満足です。
古典的な歌舞伎はどうなんだろう…?と比べてみたくなってくるので、入門としても素晴らしいなあと思いました。





↓幕間で食べたお弁当(*^.^*)

0 コメント

2015年

8月

23日

制作中

コミティア用のを書いてます!

恋愛がテーマではありません〜

2 コメント

2015年

6月

12日

北海道

いってきました。

旭山動物園は相当楽しみにしていたのですが、それでも予想以上に楽しかった!

やけに落ち着いたフラミンゴ。




サービス精神旺盛なシロクマ。

 

 

 

続きを読む 10 コメント

2014年

12月

11日

おえかき

学生以来のリアルな絵。

女の子描くの好きだー

0 コメント

2014年

11月

19日

最近の生活

お久しぶりです。


昼と夜の気温差が激しいですね。

太陽が出ている時はポカポカして眠くなってしまいます。


さて、自分の近況なのですが、

結婚して千葉から東京に引っ越しました。


夫も漫画家をしており、現在はそのアシスタントをしつつ家事とかしてます。

自分の漫画は空いた時間にするので中々どうして進みが悪いのですが…(´~`;)


このブログに書くことが少なくなってしまうのはとても寂しいですが、

報告することが出来たら必ずお知らせいたします!



ではでは


6 コメント

2014年

10月

04日

演劇鑑賞

久しぶりにブログの更新をします。

 

 

なぜ更新しないかって、漫画関係の告知がございませんのよね〜…。

 

百合姫も随分ごぶさた。

編集さんに申し出て、只今お休みをいただいております。

 

 

 

 

 

 

***

 

とある編集さんからオススメの演劇を教えてもらった。

さっそく知人を引きずり連れて観に行くことに。

 

まあまあ演劇なんて久しぶりだわいつぶりかしら。KKPの『TAKE OFF』以来かしら。

あの頃はラーメンズラーメンズ言ってたけど今ではもっぱらエレ片だわ。

最近のラジオでの片桐さんはもう芸人とか俳優とかじゃなくて、人のお父さんって感じだわ。


そんなことはどうでもいいわ。

オススメの演劇とはこれです。

『小指の思い出』

なんでも演出家がすごいらしい。若いのにすごいらしい。

調べてみたら同世代じゃないですか。そういうのやめて焦るから。

 

しかし観賞後はそんな焦りなどいずこ。

そのスゴさに圧倒されるだけでした。いやむしろ圧倒されて嬉しい。もっと圧倒して。

 

どんなストーリーだったのかと聞かれても困る。

正直、よくわからなかった。

難しいです。解釈が色々考えられて。

読解力をくださいと切に思った。自分は馬鹿なのかと悲しくなった。次に「人に理解させる気あんのかこんにゃろう」と原作者、演出家、劇員他スタッフ一同に怒鳴り散らしていた(心の中で)

 

場面転換、時間軸の移動もすさまじい。

「ちょっと待って今整理してるから!」と左手は額に、右手を前方に向けてる間にも過去と現在が入れ替わる。

 

あと早口。早口すぎる。

聞き取れない。二割、いや五割…、もうほぼ聞き取れないと言ってもいい。

後半、私はあきらめていた。聞き取ろうとする努力を放棄した。

「ああ、あれだけの台詞を咬まずに早く言えてすごいな〜〜」と思っていた。

多分、それでいいのだと思う(と自分に言い聞かせる)

大事な台詞は何度も繰り返されるし、大きな声で比較的ゆっくりと発声されている。

きっと聞いてなきゃいけない台詞は限られているんだ(と自分に言い聞かせる)

 

 

たしかに舞台演出は、観てて飽きなかった。

あの狭い舞台上で町並みを表現したシーンは特に見惚れた。

車を並べて馬券場としていたのも楽しかった。

同じモノを使っていろんな風景に変える。劇って面白い。

しかしストーリー!

 

 

劇の後半になっても、登場人物の名前すら定かではなかった(一人の人物に複数名前がある)

それなのに、それなのに。

なぜか泣いていた!そして泣いた瞬間、つるを巻きとるように色々と分かってきた。

“分かった”というのは、劇の真意を分かったのではなく、あくまで自分の中で解釈できたという意味。

 

また、迫真の演技を見せられて、その演技自体に泣いた。

(一生懸命おどって歌うアイドルに泣くって多分こんな感じだろうな。)

あの演技を連日やるなんて…。

本当に尊敬。そして自分の運動不足を反省。

 

 

公演終了後、知人とラーメンを食す。

「まったく理解できなかった」と打ち明ける知人。

分からないものは分からないと言える人。

素敵だ。

 

 

いいものを観た。

 

 

 

ではでは。

 

3 コメント

2014年

10月

04日

日記

 

目黒寄生虫博物館をご存知か。
世界で唯一の寄生虫の博物館である。


私は、ひそかにその施設に興味を抱いていた。
理由は単純。「気持ち悪いものが見たい」から。
それは勝利感。そう勝利感。
本能的に嫌悪感を与えてくるヤカラたちに打ち勝つ感じ。
例えるなら、臭い靴下をわざわざクンクンして気絶しそうになる(でも笑顔)。そんなの。それが痛快なのです。

ひょんなことがきっかけで、先日そこに行くことになった。
目黒駅から歩いて15分ほど。
オシャレなインテリアショップが立ち並ぶ通りにその施設はあった。
外観はあまりにも飾り気がない。貸し事務所ビルのよう。うん、媚びないスタイル。


中に入った。
博物館というには少し狭い。が、それがいい。

寄生虫なんぞ長い時間見ていられるか(行きたいと言っておいて)。

平日だし、きっと人なんかいないだろうとタカをくくっていた。
しかし意外にも、先客がいた。外国人カップルが二組ほどいた。なんですかこの客の偏り方は。観光名所なのですか。『世界の歩き方~日本~』なんかの旅行本に『目黒に行くならココ!』って感じで紹介されているのですか。
いやいいんだそんなこと。もう大人だし外国の方に人見知りなんかしません。

こっちはこっちで寄生虫見るわ。

一階は寄生虫自体の説明、二階は症例を紹介していた。
常識人なので一階から見ます。
標本瓶にはそれぞれ白いチョロッとしたのが1,2本ずつ入っていた。
ミミズみたいなのは見応えがあるけど、米粒ほどのやつもある。
正直違いが分からない。蟯虫と鞭虫の違いがわからない。だいたい白くて細い。
口を尖らせて後ろで手を組んでフーンって感じで眺める。

 

そんななか、マダニ登場。
血を吸ったマダニは驚くほど体が膨らむ。
インパクト大のその外見に「うわっ」と身を引く。
きもいわーないわーと言いつつ凝視。これぞ気持ち悪いものを見る醍醐味。

さて、と階段を見上げ、二階へ。
途端、それまでのウキウキした気分が下降。
寄生虫によって苦しむ人たちの写真が展示されていた。
ああ、世の中にはまだまだ寄生虫が蔓延していて、苦しんでいる人が多勢いる。それなのに私は「気持ち悪いかそうでないか、インパクトがあるかそうでないか」でしか寄生虫を見ていなかった
人間が寄生虫で苦しむなんて、遠い過去のことだと思っていたけれど、今の日本でも肉や野菜なんかに寄生虫がくっついていて、それを食べてしまう可能性はゼロではない。気をつけなければならないことだったのです。はい。

神妙な面持ちで階段をおりる。
わずかながら寄付をして施設を退場。(入場無料で寄付制)


よし、ピザ屋へ行こう。
食べ物への切り替えは自慢です。

 

行った店はここ。↓
http://tabelog.com/tokyo/A1316/A131601/13003385/
マルゲリータがめちゃくちゃ美味しいの。

0 コメント

2014年

8月

15日

コミケ86 

参加してきました!

 

 

 

まずお知らせ!

 

✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿

 

委託先は の穴

     COMICZIN
     メロンブックス

     DLsite様      です!

 

ぜひぜひ!!

 

✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿

     

お知らせ終わり!

 

コミケは一般参加の経験もない、ずぶの素人……

人の数にびびりまくりでした。

 

雨が降らなくてよかったです。

 

 

 

 

↑私のブース(なぜかピントが合わなかった)

 

後ろのポスター立ては知り合いの作家さんにお借りしました。

ポスターのサイズはA2です。

家で見たときは「でか!」と思ったけど、会場に置いてみるとあら小さい…

 

 

コミティアに来てくださる方もちらほらお見かけしました。

ひとりぼっちの初参加コミケの私だったので、なんだかホッとしました〜( ´˂˃` )

お隣のサークルさんにもいろいろとお世話になりました。

こ、これが人の人とのつながりってやつなんや……

 

帰りは一人回転寿司してきました。

最近の回転寿司って、すごいですね。

食べ終わった皿を専用の落とし穴に入れたり

注文用のベルトコンベアーが別にあったり。

 

お一人様が平気すぎて可愛げない今日この頃でした。

 

 

 

参加された方々、お疲れ様でした!

明日あさって参加される方はどうぞ熱中症等にお気をつけて〜!

 

ではでは。

5 コメント

2014年

8月

08日

コミケ86 おしらせ

夏コミまであと一週間!

ほむまど本です!

サイゼリヤ風のロゴは気に入っている。

 

 

 

私のスペースは

東6 ピ49-a

です! きてね!

 

 

既刊(オリジナル同人誌)もある分だけもっていきます!

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む 0 コメント

2014年

7月

25日

進捗状況など

久しぶりに更新です!

 

最近は、夏コミに向けて制作してます!

表紙の下書き〜

 

原稿はもう出来てるので、あとは表紙だけ!

 

24pB5版にする予定。

後日ツイッターでもちゃんと告知しようかな。

 

ほむ→まどの全年齢向。

 

 

 

 

さてさて話は変わりますが、

この前、日本橋アートアクアリウムに行って参りました。

 

 

夜はDJとか、バーとか、クラブっぽくなる日もあるらしい。

(私は平日の昼に行ったので体験せず)

 

浴衣姿で鑑賞している人もいました。

続きを読む 0 コメント

2014年

5月

25日

冷たい熱帯魚

という映画を観ました。

 

※グロいの、こわいの、残虐なの、ヘビーなのが苦手な人はぐぐらないほうがいいと思います。

 

 

英題は『Cold Fish』

冷淡な人、という意味。

 

これを観て「心から冷淡な人なんているのかな〜」と思いました。

冷酷なこと、残忍なことをしてても、それはあたたかい血がそうさせていることだなあと。

 

共犯者の愛子と、主人公の社本が特に魅力的だった。

愛子の終始変わらぬ行動原理みたいなものと、社本の人間性の変化が面白い。

愛子のキャラクターは終盤になってから徐々に分かるんだけど、最後まで狂い方が可愛らしい。

社本は後半の変わり様が見どころ。

 

主犯の村田はほんとサイコパスなんだけど、その原因となる過去がちゃんとあるからちょっと納得できる。

でも本当のサイコパスって先天性だったりするみたいね。

 

 

以前、この映画のモチーフになった事件の犯人(この映画で言うと愛子の立ち位置の人かな?)

が描いた絵を見たことがある。

色鉛筆で描かれていて、手が入っていて上手だった。

雪が積もる枝の上で、二羽のふくろうが寄り添っている絵。

事件の内容を知っていたので、えも言われぬ不気味さを感じた。

 

 

救いないし、長いし、百合クラスタにオススメする気は全くないです。

個人的には観てよかった。

4 コメント

2014年

5月

24日

コミック百合姫 2014年 07月号 発売

5月17日に、百合姫7月号発売されました!

 

 

 

…更新遅くなってしまいました。

 

 

「ホームスイートレシピ」を掲載させていただきました〜

 

 

 

 

 

 

 

はっさく大福、好きなんです。

 

自分でも何度か作ってみて、一番かんたんな方法を描いたつもり、です。

 

ツイッターで、実際に作ってくれた方がいらっしゃって、嬉しかったです。

 

同様のやり方で苺大福もつくれる思う。

でも苺大福に入ってる苺って、なんか炭酸っぽいシュワッとした感じあるよね。

あれはどうやって作るんだろう…。ふむふむ。

 

 

あ、百合漫画です。

3 コメント

2014年

5月

06日

COMITIA108

参加してきました!

 

お越し下さった方、本当にありがとうございました!

 

今回はサークル参加数が多かったので、一般参加人数もその分多く、

いつにも増して盛り上がったのではと思います。

 

持っていった分の新刊は完売いたしました。

あとは関西コミティアと委託(COMICZIN様、とらのあな様)にて販売予定です。

描いたスケブ〜

 

基本的に、全部ちがうポーズで描いています。(飽きるので)

 

描くのが早くうまくなればもっと沢山描けるのにな〜

最近は家でコミスタを使用しているので、

アナログで緊張感を持って描けるスケブは新鮮でいいですね。

胴がながかった。

続きを読む 4 コメント

2014年

5月

02日

あずきばー

アイスの季節がくるよ〜

0 コメント

2014年

4月

30日

COMITIA108詳細

GWの予定はコミティアのみ!

すがすがしい!

漫画に生きてる感がすごい。

 

↑5/5コミティア108で出す新刊の表紙です。↑

 

背景は私が以前住んでいた広島県尾道市の町並みです〜

この地域はあったかくて海は穏やかで、ほんとに好きだ♪

 

 

 

前回つくったコピ本も持っていきます。

 

5月18日に開催される関西コミティアにも持っていく予定です。

 

それ以降に作る予定はないので、お求めの方は是非この機会に…!

 

 

続きを読む 4 コメント

2014年

4月

18日

イノセントノイズ発売開始です!

本日、「イノセントノイズ」発売開始しました〜!

 

1年分の読み切りを詰め込んだ、3冊目のコミックスです。

 

 

描きおろしカバー裏もぜひぜひ!

 

COMICZINさんで買うと、購入特典がつきますよ♪

 

 

 

 

よろしくお願いいたします〜!

9 コメント

2014年

4月

10日

おでかけ色々

 

 

先日、新宿御苑に行きました〜。

桜は散りかけだったのですが、良いお天気でよかったです。

水たまりに花びらの絨毯ができていたのでパシャリ。

 

 

 

 

 

お酒の持ち込みが禁止だったためか、お子様連れが多かったです。

 

 

 

続きを読む 0 コメント

2014年

3月

18日

百合姫5月号発売です。

今月号の百合姫に、「天使がいた日」を掲載させていただきました。

 

 

私が百合漫画家になったら描きたかった三大テーマ(ネタ?)

 

1!いじめ!

2!アイドルもの!

3!

 

…が、これです。

 

 

1は「最低女神」で、2は「キラキラの中身」で描いたので

最後の砦(?)が描けて、個人的にはやりきった感があるのですが

 

なにはともあれ……

 

読者様の反応がこえええ……!

ツイッターでエゴサーとかもうできないね。

 

 

最近バッドエンドっぽいの描いてなかったので

びっくりさせてしまった方がもしいらっしゃいましたら申し訳ないです。

フォロワーはずさないでいてくださると有り難いのですが…。

もう暗いの描くつもりないし…

 

単行本発売の近いセンシティブな時期に何を怖いことやってんだろうか私は…。

あの時は描きたすぎて、わけがわからなくなっていました。こわい。

本当はもっともっともっと悲惨だったんだけれど直してこれです。

 

 

漫画家になった時、

自分が描きたいものを描きたいー!と思っていたのですが

徐々に、人を楽しませたいとか幸せな気分になってもらえたらとかいう

気持ちが芽生えました。(いや、最初から持っておけよと言われるとそうなのですが;)

 

その前に自分のやりたかったことをやってしまえば、もうなんにも悔いはないだろうと思ったのです。

1や2の題材はともかく、

3の題材は「これは百合姫では描かない方がいいだろう…」と思って今まで置いてたのですが

やっぱりいつまでも残していると未練が残るなと思いまして…。

3の題材じゃなければ表現できない百合もあると思うので、描きました。

 

「天使がいた日」は、私にとっては区切りになる作品です。

 

 

ただ、次の単行本を出すためには、「イノセントノイズ」が売れなければ出せないわけで…!

ある意味賭けなわけです!こわい!

買って…いただきたい…!

こんな私ですけど…漫画を続けたい気持ちは変わらないのです。

 

 

4月に新刊「イノセントノイズ」発売です。

 

ではでは。

 

10 コメント

2014年

3月

01日

ふれと

フレンチトースト

略してフレト

 

を食べました。

パンケーキの次は

フレトらしいです。

 

吉祥寺駅近くにある

タルタートというお店。

 

最近の甘いもの屋さんは

ボリュームがあって

満足度はんぱないですね。

美味しかった! 

 

ではでは

0 コメント

2014年

2月

03日

COMITIA107

昨日はコミティアに参加してました!

スペースにお越しの方、ありがとうございました!

 

 

こんな感じで設置。

 

今回はイベント限定の8pコピー本を作りました。

予想以上にはやく完売してしまい、嬉しいよりも申し訳ない気持ちです…。

 

「売れ残ったらへこむ!」という気持ちが部数に表れたか…。

でも売れ残って「あーあ」って思う気持ちよりも、「売り切れました」と告げたあとの相手の残念そうな顔を見る方がはるかにつらいですね。

 

売れ残ったっていいじゃないか!コピー本なんだし!

 

 

とにもかくにも、お越し下さった方ありがとうございました!

お菓子や紅茶などの陣中見舞いもうれしかったです〜!

 

ではでは!

 

2 コメント

2014年

1月

18日

百合姫3月号発売です。

百合姫3月号発売です。

私も読み切りを掲載させていただいております。

よろしくどうぞ!

 

堕落していく大学生を描きました。

 

今日も明日もセンター試験で

受験生たちは息も絶え絶えだというのに!

受験生ふぁいと!

 

↓下のイラストは、今回のお話のキャラのラフです。↓

 

 

左がるり子で、右があかね。

最初、るり子はどこまでも明るくてバカっぽい性格、あかねは大人しくて真面目な性格でした。

スニーカーは

 

こういうのをイメージ。一時期流行りましたよね。

今は廃れてるのかしら…。描くの楽しいです。

 

あとソックスガーターもそそる。

↓下の絵の、 赤いやつがソックスガーター。↓

続きを読む 6 コメント

2014年

1月

04日

新年

三箇日も過ぎちゃって今更なんですが、

あけましておめでとうございます。

 

昨日、実家から自宅に帰ったのですが、なにしろ新幹線が大変なことになっていました…。東京〜品川間の線路付近で火事があり、その処理で線路が通行止め、結果4時間くらい新幹線が遅延。

私は始発から乗りこんだので座れましたが、通路には立っている人もたくさんいて大変だなあと…。始発から終点までずっと立っている人もいて可哀想でした。

でも席はゆずらない自分。これが偽善というものか…。

と思っていたら、隣の座席で眠っていた10歳くらいの女の子が、私の肩と私が座っている席の背もたれの間に頭を押し付けてすーすー寝てきて激しく萌えました。

あったかいー頭ちっちゃいー(* ´ ˘ ` *)

そんな感じの昨日でした。

 

 

 

 

近々の予定は

 

1月発売の百合姫に掲載

2月2日のコミティアに参加

 

です。

 

 

ではでは。

 

0 コメント

2013年

12月

23日

遊ぶ

友達とクリスマス会しましたー
人が来るとなると部屋の掃除をしなければいけなくなるので、いいですね。

 

花とか生けてみたり。

 

全部そのへんに生えてた雑草です。

ポトスも自生してた〜

茶色くなった猫じゃらしはかわいい…

 

 

クリスマスっぽいケーキ!
手前から、煙突のある家、サンタの帽子、クリスマスツリーがモチーフなのかな。

深い話とかはせず、三人でもくもくと生中継のフィギュアスケート観てました。

 

高橋選手が競技中に手から流血してて「あれは演出か」「いや演出じゃない」と盛り上がりました。

結局ケガでした。

あんなに血が出てるのに集中して演技しててすごいな〜がんばってるよな〜
私がコタツに入りながらダラダラしてるその瞬間にも頑張ってる人たちはたくさんいるんだよな〜

わわわ〜ケーキうまい〜

0 コメント

2013年

12月

18日

羊のオーナメント

原稿やってる時ずっと

「羊毛フェルトやりたいな〜羊毛フェルトやりたいな〜」

と思っていたので羊毛フェルトやってみました。

 

 

 

綿みたいなフワフワしたやつを、ひたすら針で刺して形作っていきます。

 

とにかく針が…指に刺さりまくりで…

初めてやる人は、絶対に指サックを買うべき!血をみるぞ!

 
 
 
全体図↓

初めてにしてはまぁ…形になっただけでも合格かなって……はは。

0 コメント

2013年

11月

24日

「かぐや姫の物語」感想

仕事が一段落したので、昨日はお休みとすることにしました!

 

そして「かぐや姫の物語」を観てきた!

まどマギの映画観たとき予告が流れてて気になってたのだ~。

 

 

以下感想。

ネタバレ注意です。

めっちゃネタバレしてます。

最後のシーンまで書いちゃってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一度書きますがネタバレ注意です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの墨っぽい絵で全編いくのかなと思っていたんだけど、やはりそうだった。

最近のぬるぬるした動きじゃなくて、がさっとした動きで、躍動感を感じる。

ただ、アナログっぽさだけじゃなくて、しかるべきときにはCGっぽさも取り入れてて、

なんていうかツールを使いこなしてる感がすごかった。

 

個人的にはかぐや姫の髪の質感が好き。

私は巻田はるかの、かすんだ墨の髪の毛が好きなんだ。

 

 

声優は全く予習せずに観たので、エンドロールで驚かされた。豪華な面々…!

伊集院光は、かぐや姫に求婚する五人の貴公子のなかで一番伊集院っぽいのが伊集院。

いや~~声がみなさん素晴らしかった…!

とくに翁…。調べてみると地井武男さんだったのね…。

開始10分で翁がかぐや姫を「おいでおいで」するシーンで泣かされました。うう…溺愛おじいちゃん…。

 

 

ストーリーは「竹取物語」の流れに沿って、鑑賞者がかぐや姫に共感できるように作られている。

 

キャッチコピーは「姫の犯した罪と罰」

私はこれに興味をそそられた。

かぐや姫に、そんな印象はなかったので。

 

映画を観てから調べてみると、姫が罪を犯したというエピソードは、原作「竹取物語」にも書かれていることだった。姫が罪を犯して、その罰として地球に行かされたことがちゃんと記されているのね。

(知り合い二人に話してたらどちらも知ってた…。「授業でやったよね」って言われた…。

 すいません、授業中は落書きしてるか寝てました…)

 

かぐや姫を迎えにくるシーンで、月の人が

 

「かぐや姫は罪をつくり給へりければ、かく賤しきをのれがもとに、しばしおはしつる也。
罪の限果てぬればかく迎ふるを、翁は泣き嘆く、あたはぬ事也。はや出したてまつれ」

 

と言っている。

これは

 

「かぐや姫は罪を犯したので、お前のいるこのような汚れたところにいるのだ。

 罪は終わったのでこうして迎えにきているのに、なぜ泣く?はやく見送ってやりなさい」

的な意味。

 

 

一体どんな罪なのか、原作では明記されていないらしい。

不倫説とかもあるようで。

 

 

 

「かぐや姫の物語」での、姫の犯した罰とは一体なんだろう?

 

まず、月世界の人(以下:天上人)からみた月と地球の印象をまとめてみる。

(『』は映画のなかでの台詞。)

 

 

 … みんな争いごともなく、穏やかに暮らしている。極楽のような世界。

    みにくい、つらい感情などはなく(というか感情そのものがない?)心がざわつかない。

    生きていない状態(死とか、生まれる前)

 

地球 … 『禁断の地』『心がざわつく場所』

     憧れてはならない。流刑地にされるような場所。

    生?

 

月にいた頃のかぐや姫は、地球に行った経験のある天上人に出会っている。

その天上人が地球の歌を歌っている姿に魅せられた姫は、「自分も地球にいって生きてみたい」と思ったのよね。

天上人は地球を『禁断の地』と称しているので、この気持ちは罪なのだろう。

その罰として、地球におろされたんだろうな。

姫の台詞『生きるために生まれてきた』は、月側から見ると贖罪なのかな。

 

生まれ落とされて、いろいろとつらい想いをした姫は、自分が天上人だったことを思い出し、月に帰りたいと願う。

でもおじーもおばーも捨丸も大好きなので、やっぱり帰りたくない。

でも一度願ってしまったので天上人は迎えにくる。(「月に帰りたい」という気持ちが贖罪完了の証なのかしら…)

天上人は「もう罰は終わったから苦しまないでいいのよーこの衣をはおって忘れましょうねー♪」って言うけど

姫は、いや苦しみもどんな想いも輝いていてそれが生きるということでみたいなことを力説するけど

やさしく衣をはおらされてフッと無感情になってしまう(ここ切ない…)

そして月に帰っていく…。

月に姫の赤ちゃんだった頃の姿がうつされて終わり。

この演出は、生きるということをまだ知らない段階にもどったということでしょうか…。

 

 

月の世界からすると、「生きたい」と願うことが罪で、

地球の世界からすると「死にたい」と願うことが罪って感じで陰陽模様のようになっているのかなー。

死にたいと願っても、本当は別れたくない色んなものがあるんだから、いざそれと別れるとなったらつらいよね。

自分が一旦願ってしまったのなら尚更。それが地球においての罰なのか。

でも願わなくても死ぬしな。どうなんだろう。

死にたくない死にたくないと思いながら死んだってそれはそれでつらいしな。ちょっと分からなくなってきた。

 

 

 

 

 

長くなったので、難しいこと考えるのはこの辺でやめとこう!

 

一つだけもやっとしたのは、姫と捨丸が再開するとき、捨丸には奥さんと子供がいたのに

姫といちゃいちゃするところや!不倫やないか!結局夢オチやったけど!

そこも「罪と罰」理論で考えていけばいけなくもないけど感覚的にやでした!不倫萌えない!

捨丸はあののっぺり顔の奥さんを大切にして!

 

一番好きなキャラは女童。

姫とのツーショット癒される…!

あれの二次創作あったら買う。えんえん羽子板とかで遊んでる漫画ください。

 

 

 

0 コメント

2013年

11月

20日

コミック百合姫 2014年 01月号 発売

発売中ですよ〜!!

 

私は「羊と氷菓 後編」を掲載させていただいております!

初めての前後編でした…!担当さんありがとうございますっ…!


千晶を悪い奴にしないよう気をつけました。

結果、若干不憫になったけど…あれでいい!気がする!

 

よろしくお願いします。

 

ではでは。

 

2 コメント

2013年

10月

25日

同人「ひどいよ!!ニシキちゃん」委託開始

委託先は

 

COMIC ZIN様 

 

とらのあな様

 

です!

 

 シックスセンスがフリーメイソン~!! 


ただいま不思議体験中!?

サークル【テロメア】が贈る

ちょいグロ微百合。

吸血鬼ちゃんとゾンビちゃんの

バイオレンスコメディ。


そしてほんのりラブな『ひどいよ!!ニシキちゃん』がとらのあなに登場♪ 


血飛沫上等!

吸血鬼ちゃんとゾンビちゃんでメルヘンに次ぐメルヘン応酬!
オカルティックでセクシャルエッセンスをたっぷり含んだカオス! 

自然に狂った設定に不思議と惹きこまれる謎仕様。
いつしかアナタのハートはハルマゲドン! 

死んでいるのに元気なところがいい感じ♪
あーん もうだめ シャングリラーーー!! 

 

 

 

……虎の穴さんの商品紹介を引用させていただきました。

テンションの高い文章を書けるようになりたい。

 

よろしくですです!

ではでは。

0 コメント

2013年

10月

20日

コミティア106

参加しました!

 

 

スペースにお越しくださった皆様、ありがとうございました!

 

今回の新刊は「ひどいよ!!ニシキちゃん」ってやつです。

 

読者のことなど微塵も考えていない、自分が楽しんだだけの代物…。

それを売りつける…まさに下衆の極み…。

ああこんなこと言っちゃったら売れない…印刷代すら戻せない…
 
「その辺のふたり」の「これまで編」と「それから編」も持って行きました。
「これまで編」は、ティアマガジンに掲載させていただきました〜!
 
…からか、新刊より売れましたw
新刊の行方が心配!
 
 
それはともかく、スケブも沢山描かせていただいて、充実した時間でございました。
差し入れくださった方もありがとうございます…!
おいしくいただいております!
好き嫌いないっていいね!
 
ではでは。
0 コメント

2013年

9月

18日

コミック百合姫 2013年 11月号発売

発売です〜

 

私は「羊と氷菓 前編」を掲載させていただきました〜。

初めての前後編…!ざわ…ざわ…

 

もともとは32pくらいだったのですが、担当さんとの打ち合わせで前後編やらせていただくことになりました。すごい嬉しかった…。

でも絵が固かったり、後編のプロットで色々話が変わったりして、続き物の大変さを少し知った気がします。

最近絵が固いのでもう少しのびのび描きたい。

私は目はあまりでかいのは好きくない。

 

ではでは。

0 コメント

2013年

8月

18日

同人「その辺のふたり これまで編」委託開始

同人誌です。

 

委託先は

 

COMIC ZIN様 

 

とらのあな様

 

DL site様 

 

です。

 

 

 

 

前作「その辺のふたり それまで編」 の系列(?)

 

それまで編 → 二人がくっついてからのゆるい日常(社会人)

 

これまで編 → 二人がくっつくまで。なれそめ話(大学生)

 

そんな感じ。

 

1巻2巻というわけではなく、どちらから先に読んでいただいてもOKです!

 

 

 

そんなに恋愛恋愛してない…かもしれない。わからない。

でもリアルなんで!

リアルっていうか実話なんで!

実話を元にした創作物なんで!

恋愛恋愛してなくても、それはしょうがないじゃないですか人生て恋愛だけじゃないんだし(必死

 

すみません、どうぞよろしくです。

ではでは。

0 コメント

2013年

8月

18日

コミティア105

コミティア105に参加いたしました。

 

初の同人誌即売会…!

人ごみがイヤだったり、うまく手続きできるか不安だったり、一冊も売れなかったらどうしようとかグダグダ考えてて今までやってませんでした。

 

「でもなんかやってみてーなー」というなんとなくな感情が高まりに高まり、ついに参加を決めました!

 

スペースにお越しいただいた方、本当にありがとうございます。

スケブとかも初体験で、楽しかった。あれ、時間配分が分からないね。

 

あと差し入れとかも頂いちゃって…!

え、いいの?私に?感動です!

 

パイうめ!

 

他にも差し入れてくださった方、ご購入いただいた方、ありがとうございました〜!

ではでは。

0 コメント

2013年

7月

18日

コミック百合姫 2013年 09月号発売

発売ですよ〜

 

私は「ナツヤスミ」という話を掲載させていただきました。

よろしくです!

 

なんかこう〜

最後でドキっとさせられるような?

実は死んでたみたいな?

ミスリードみたいな?

そういうの、あこがれますよねぇ。

 

ではでは。

0 コメント

2013年

5月

18日

コミック百合姫 2013年 07月号発売

発売ですよ〜

 

私は「美しくなる日」という話で掲載させていただきました。

よろしくです!

 

やくしまるえつこさんの「ルル」という曲を聴いてて

「たぬきねいりしてる子をツンツンするようなおふとんいちゃいちゃっていいね!」

と思ったのがきっかけ。なのかも。

 

ではでは。

0 コメント

2013年

5月

18日

コミックス「ツミキズム」発売

おかげさまでコミックスでました〜。

二冊目です。

デザイナーさんが表紙の色にこだわっていただいたみたいで…!

積み木みたいなタイトルロゴが可愛いですね…!うれしい。

 

 

よろしくお願いいたします。

ではでは。

0 コメント

2013年

3月

18日

コミック百合姫 2013年 05月号

 

発売ですよ〜 

 

私は「みつけちゃ、ダメ」という話で掲載させていただいております!

OL百合です!

なんかこれ描いててすごい楽しかった!

うふふ。

 

ではでは。

0 コメント

2013年

2月

03日

デジタル販売開始

「その辺のふたり それから編」のデジタル販売を開始いたしました。

 

よろしくお願いいたします!

 

 

ではでは。

0 コメント

2013年

2月

01日

百合姫3月号発売

してます。結構前に。

よろしくお願いいたします。

 

今回は年の差百合を描いてみました。

 

キャラ設定されてるタレントって大変だと思います。

 

ではでは。

 

2 コメント

2012年

12月

06日

発売しました

50%ノンフィクション百合です!

 

COMIC ZINにて委託販売中です。

 

一冊630円

 

 

 

うーん、財布に厳しい!

 

このご時世に厳しい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしこれが売れたら

私は関東に引っ越せるのだ…。

 

そんな私的な企みもありつつ、

 

お手にとっていただけると幸いです。

ではでは。

 

 

4 コメント

2012年

12月

05日

同人「その辺のふたり それから編」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうすぐ発売!される!はず!だと思う!

 

ここのサイトで以前UPしていた「えーにっき」という漫画を同人誌にしてみました。

くわしく!

サイトでUPしていたデータを原稿に書き下ろしたものもあれば、

まったく新しいネタもあります。

 

COMIC  ZIN様に委託させていただく予定です。

 

発売されましたら、どうぞよろしくお願いします〜。

 

ではでは

 

 

0 コメント

2012年

11月

17日

百合姫2013年01月号発売です

 

 

 

百合姫1月号発売です。

 

 

私は「ツミキズム」というお話で掲載しております。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

もう1月なのかー。

年越しちゃってるじゃないか。

 

なんで雑誌って、「○月号」がこんなにも早め早めなのか。

たとえば4月1日に発売される雑誌が「5月号」だったりする。

4月のはじめに売るなら4月号でいいのではないかしら…。

小学校のころから疑問だったけど、未だにしっくりくる答えが出ていない。

 

 

 

前号の百合姫が出た時に、「ハードな内容描きたいぜ!」とか言っておいて、これです。

申し訳ないです。

私の場合、もっと発言に気をつけなければ。ではでは。

2 コメント

2012年

11月

05日

こーこここ

買ったよ。

0 コメント

2012年

9月

18日

コミック百合姫 2012年 11月号

発売です。

 

 

 

 

今回はなもり先生の「ゆるゆり」ではない百合漫画が読める貴重な号です。

 

ぜひぜひ!

 

 

 

 

 

 

 

 

私も掲載させていただいておりますので、よろしくお願いいたします。

短めではありますが…。

 

私は百合において、あまり「女同士であることの障壁」を描かない方だと思いますが、今回はちょっと入れてみました。

付き合うまでは勿論だけど、付き合ってからでも、この問題って大きいのかもしれない。

 

 

 

百合の普及とともに、

「女同士=タブー → 乗り越える」みたいな話は

スタンダードであるからこそ、良いんだけど、

もすこし、いろんな要素を入れていきたいなーと思ってはいます。

 

個人的にサバイバルものとか、銃とかガスマスクとかそういうアイテムを

女の子に加えるのが好きなので、そんな百合漫画を描きたいんだけど。

 

ただ、ハードな内容を百合姫で描くのはどうなんだろうという思いもあります。

「井村瑛って人がなんか流血とか暴力とか描いてて不快だからもう百合姫買わね」

ってならんだろうか…。

自意識過剰なんだろーか…。

 

嫌われる覚悟しなきゃな。

 

 

ではでは。

4 コメント

2012年

8月

24日

山形

ここ数日、母の実家がある山形に行っておりました。

 

 

「あつみ温泉」駅で下車。

その名のとおり温泉街。

しかし別府やら箱根やらのメジャーどころではなく、また奥まった場所にあるので、

なんとも静ひつな、というか、

のどかだけど、どこかサスペンスの香りがするような…。

とか思っていたら、土曜ワイド劇場「温泉若おかみ殺人推理24」という

ドラマの舞台になっていたらしい。

放送終了後だったので残念なのである。

 

 

 

ここに来るのは三年ぶりくらいかな、特に何も変わってなかった。

あ、家の近くにクリニックができてた。

ありがたいと、祖母が穏やかな顔で言っていた。

 

コンビニもない、お店はみんな個人商店、

小さなスーパーは10:00〜17:45まで(あと15分がんばれないのか)

という、まぁー田舎。

 

私の住んでいるところも都会ではないけど、ここにくらべたら。

だがそれがいい。

 

 

 

 

 

 

散歩した。

テトラポットの隙間には、カニがたくさん。

歩くたびに、フナムシがぞわぞわっと逃げていく。慣れると平気。

 

 

 

海は澄んでいて、深いところまで見える。

海藻がすごい。

続きを読む 0 コメント

2012年

7月

19日

百合姫9月号発売です

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

amazonで見てびっくりしました。

 

や、やすい…!?

 

 

頑張りましたね…!

 

ふだん百合姫を読まない方も、これを期に買ってみてほしいな〜なんて思ったりします。

 

 

 

 

今回、私は歯医者さんの話を描きました。

 

歯の治療の様子をyoutubeとかで見たのですが、

「なんでここまでほっといた…?」と疑問になるくらい

もうめちゃくちゃな虫歯の人もいました。

 

無いんだよ、歯が。

歯茎に黒いなにかがあるだけという…。

その段階までいくと、もう痛みはないみたいですね。

 

虫歯には気をつけたいものですね。

 

ではでは。

2 コメント

2012年

7月

09日

ちょっと変えてみた

びみょうーーにサイトをリニューアル?してみました。

 

上の画像と、ブログをカテゴリ分けしてみました。

っていっても「おしらせ」と「日記」と「雑記」という、とてもざっくりなカテゴリ…。

日記と雑記の違いって何?

 

 

ところで、最近やたらと化粧品の成分が気になるのです。

 

合成界面活性剤が肌によろしくない、というイメージは以前からあったのですが、

調べるほどに「あ、これはあまり肌につけない方がよいなぁ」と…。

 

水と油を混ぜるためだったり、肌の奥まで有効成分を押し込めるためだったり、

ちゃんと配合する理由はあるんだけど、結局は肌を溶かしているようなものみたいで。

有効成分を角質層に入り込ませるために表面の角質をどかすとか、

なんだかちょっぴり押し売りみたいです。

 

調べるほどに「化粧品成分の世界は奥が深いなぁ」と思ってしまいます。

 

自分に合ったコスメを探すことを「コスメジプシー」と呼ぶらしいです。

なんか好きです、この響き。

0 コメント

2016年

8月

09日

生まれました

ひっそり報告。

もうすぐ三ヶ月です。

 

4 コメント

2016年

5月

08日

アイアムアヒーロー

観に行ってきました。

夕方頃に急に思いついて、そのままレイトショーへ…。

 

漫画を映画化…ってちょっとキケンな香りがするものもあるけど、

この映画は前評判も良さげだったので期待して観てみました。それでも予想以上に良かった!

2時間が短く感じられました。

 

原作ファンも満足出来るような出来だと思います。

漫画を読んでいない人にとっては、ひろみの立ち位置や映画の終わり方に「?」となるかもしれません。

しかしこれは長期連載中の漫画を映画化するにあたって、賢い判断だと思いました。

原作ファンだからといって、今までのストーリーを全部映画化してほしいとは別に思わないと思うのですよ。変なオリジナル要素を盛り込んだり無理矢理話を収束させようとせず、端折る所は端折って120分で出来る部分をバッサリ選別していて、私は好感もちました。

なにより「果たして英雄はヒーローになれるのか」という成長ドラマとしてのテーマが120分に渡ってきちんと一本芯が通っていて、一本の映画として、とても気持ちよく観れました。

 

まぁただ、思ったよりグロくてびっくりしたけどね!

ゾンビが子供だましじゃなくて真面目に怖い。

やっぱり目が互い違いだと人は恐怖を抱くだよね。

伊浦は原作でも怖かったけど、映画も戦慄したな〜〜。

アイツにだけは追いかけられたくないです。

 

 

ズートピアもちょっと観たいけどスケジュール的に無理かな〜。

DVD借りよう(*^.^*)

 

0 コメント

2016年

1月

01日

新年

あけましておめでとうございます!

 

昨年はいろいろと変化の多い一年でした。

今後もめまぐるしく変わっていきそうな予感です。

 

漫画は、もしかしたらどこかでお仕事できるかも…かも…
どうでしょうか、まだ分かりません。

 

今年もよろしくお願いします。

 

あずきバーをチンして、雪見だいふくを入れただけの即席ぜんざい。
ネットで話題になってて試してみました。

あずきバーが完璧にぜんざいです。良い仕事してます。うまい!

4 コメント

2015年

11月

15日

COMITIA114

久しぶりのコミティア参加でした。

今回は百合ではなく少女漫画ジャンルで参加。

にもかかわらず、百合ジャンルで出していた時にお越しくださっていた方も来てくれて、とっても嬉しかったです。励まし、応援の言葉もたくさんくださり、あたたかい気持ちになりました。

陣中見舞いも私なんかにもったいないくらい良いものをくださって本当にありがとうございます。

心のこもったお手紙も、大切に読ませていただきました。


ありがとうございました!



帰りのゆりかもめから。

なんか不穏な写真ですが、雨がそれほどひどくならなくてよかったです。

2 コメント

2015年

10月

14日

コミティア114 告知

受かりました!


スペースNo.ふ09bです。


久しぶりの参加だし雑誌で描いてないし百合とは違うジャンルなので、以前と比べて来る人減るだろうな〜!確実に!w
なので、コミティアにお越しくださる方は立ち寄っていただけると、とっても嬉しいです。

もう一人一人が心の支えw




出す同人は、ふくよかなOLのポジティブだかネガティブだか分からない恋模様です。

(以前に恋愛ものではないと書いたのに…)

ぜひぜひ。

4 コメント

2015年

10月

13日

ワンピース歌舞伎


11月のコミティア、5年ぶりに抽選になったみたいですね。

落ちても受かっても書類が届くらしいのですが、うちにはまだ届いていません。今日あたり…?
久しぶりに参加するのに落ちてたらショックだなー!

 


それはそうと先日、友人と3人でスーパー歌舞伎というものを観てきました!

ワンピースのアレです。

歌舞伎のかの字も知らず、勉強なども特にせずに臨んだので、「分かるかしら…?」とちょっと不安だったのですがもう全然!まったく堅苦しくなく、歌舞伎というかミュージカルって感じでした。それでいて歌舞伎要素もきちんと盛り込まれていて(見得(ポーズとり)隈取り(顔の模様)、早替わり(一人二役)、飛び六方(おっとっと〜)、ツケ(カンカン!という効果音)など)大満足です。
古典的な歌舞伎はどうなんだろう…?と比べてみたくなってくるので、入門としても素晴らしいなあと思いました。





↓幕間で食べたお弁当(*^.^*)

0 コメント

2015年

8月

23日

制作中

コミティア用のを書いてます!

恋愛がテーマではありません〜

2 コメント

2015年

6月

12日

北海道

いってきました。

旭山動物園は相当楽しみにしていたのですが、それでも予想以上に楽しかった!

やけに落ち着いたフラミンゴ。




サービス精神旺盛なシロクマ。

 

 

 

続きを読む 10 コメント

2014年

12月

11日

おえかき

学生以来のリアルな絵。

女の子描くの好きだー

0 コメント

2014年

11月

19日

最近の生活

お久しぶりです。


昼と夜の気温差が激しいですね。

太陽が出ている時はポカポカして眠くなってしまいます。


さて、自分の近況なのですが、

結婚して千葉から東京に引っ越しました。


夫も漫画家をしており、現在はそのアシスタントをしつつ家事とかしてます。

自分の漫画は空いた時間にするので中々どうして進みが悪いのですが…(´~`;)


このブログに書くことが少なくなってしまうのはとても寂しいですが、

報告することが出来たら必ずお知らせいたします!



ではでは


6 コメント

2014年

10月

04日

演劇鑑賞

久しぶりにブログの更新をします。

 

 

なぜ更新しないかって、漫画関係の告知がございませんのよね〜…。

 

百合姫も随分ごぶさた。

編集さんに申し出て、只今お休みをいただいております。

 

 

 

 

 

 

***

 

とある編集さんからオススメの演劇を教えてもらった。

さっそく知人を引きずり連れて観に行くことに。

 

まあまあ演劇なんて久しぶりだわいつぶりかしら。KKPの『TAKE OFF』以来かしら。

あの頃はラーメンズラーメンズ言ってたけど今ではもっぱらエレ片だわ。

最近のラジオでの片桐さんはもう芸人とか俳優とかじゃなくて、人のお父さんって感じだわ。


そんなことはどうでもいいわ。

オススメの演劇とはこれです。

『小指の思い出』

なんでも演出家がすごいらしい。若いのにすごいらしい。

調べてみたら同世代じゃないですか。そういうのやめて焦るから。

 

しかし観賞後はそんな焦りなどいずこ。

そのスゴさに圧倒されるだけでした。いやむしろ圧倒されて嬉しい。もっと圧倒して。

 

どんなストーリーだったのかと聞かれても困る。

正直、よくわからなかった。

難しいです。解釈が色々考えられて。

読解力をくださいと切に思った。自分は馬鹿なのかと悲しくなった。次に「人に理解させる気あんのかこんにゃろう」と原作者、演出家、劇員他スタッフ一同に怒鳴り散らしていた(心の中で)

 

場面転換、時間軸の移動もすさまじい。

「ちょっと待って今整理してるから!」と左手は額に、右手を前方に向けてる間にも過去と現在が入れ替わる。

 

あと早口。早口すぎる。

聞き取れない。二割、いや五割…、もうほぼ聞き取れないと言ってもいい。

後半、私はあきらめていた。聞き取ろうとする努力を放棄した。

「ああ、あれだけの台詞を咬まずに早く言えてすごいな〜〜」と思っていた。

多分、それでいいのだと思う(と自分に言い聞かせる)

大事な台詞は何度も繰り返されるし、大きな声で比較的ゆっくりと発声されている。

きっと聞いてなきゃいけない台詞は限られているんだ(と自分に言い聞かせる)

 

 

たしかに舞台演出は、観てて飽きなかった。

あの狭い舞台上で町並みを表現したシーンは特に見惚れた。

車を並べて馬券場としていたのも楽しかった。

同じモノを使っていろんな風景に変える。劇って面白い。

しかしストーリー!

 

 

劇の後半になっても、登場人物の名前すら定かではなかった(一人の人物に複数名前がある)

それなのに、それなのに。

なぜか泣いていた!そして泣いた瞬間、つるを巻きとるように色々と分かってきた。

“分かった”というのは、劇の真意を分かったのではなく、あくまで自分の中で解釈できたという意味。

 

また、迫真の演技を見せられて、その演技自体に泣いた。

(一生懸命おどって歌うアイドルに泣くって多分こんな感じだろうな。)

あの演技を連日やるなんて…。

本当に尊敬。そして自分の運動不足を反省。

 

 

公演終了後、知人とラーメンを食す。

「まったく理解できなかった」と打ち明ける知人。

分からないものは分からないと言える人。

素敵だ。

 

 

いいものを観た。

 

 

 

ではでは。

 

3 コメント

2014年

10月

04日

日記

 

目黒寄生虫博物館をご存知か。
世界で唯一の寄生虫の博物館である。


私は、ひそかにその施設に興味を抱いていた。
理由は単純。「気持ち悪いものが見たい」から。
それは勝利感。そう勝利感。
本能的に嫌悪感を与えてくるヤカラたちに打ち勝つ感じ。
例えるなら、臭い靴下をわざわざクンクンして気絶しそうになる(でも笑顔)。そんなの。それが痛快なのです。

ひょんなことがきっかけで、先日そこに行くことになった。
目黒駅から歩いて15分ほど。
オシャレなインテリアショップが立ち並ぶ通りにその施設はあった。
外観はあまりにも飾り気がない。貸し事務所ビルのよう。うん、媚びないスタイル。


中に入った。
博物館というには少し狭い。が、それがいい。

寄生虫なんぞ長い時間見ていられるか(行きたいと言っておいて)。

平日だし、きっと人なんかいないだろうとタカをくくっていた。
しかし意外にも、先客がいた。外国人カップルが二組ほどいた。なんですかこの客の偏り方は。観光名所なのですか。『世界の歩き方~日本~』なんかの旅行本に『目黒に行くならココ!』って感じで紹介されているのですか。
いやいいんだそんなこと。もう大人だし外国の方に人見知りなんかしません。

こっちはこっちで寄生虫見るわ。

一階は寄生虫自体の説明、二階は症例を紹介していた。
常識人なので一階から見ます。
標本瓶にはそれぞれ白いチョロッとしたのが1,2本ずつ入っていた。
ミミズみたいなのは見応えがあるけど、米粒ほどのやつもある。
正直違いが分からない。蟯虫と鞭虫の違いがわからない。だいたい白くて細い。
口を尖らせて後ろで手を組んでフーンって感じで眺める。

 

そんななか、マダニ登場。
血を吸ったマダニは驚くほど体が膨らむ。
インパクト大のその外見に「うわっ」と身を引く。
きもいわーないわーと言いつつ凝視。これぞ気持ち悪いものを見る醍醐味。

さて、と階段を見上げ、二階へ。
途端、それまでのウキウキした気分が下降。
寄生虫によって苦しむ人たちの写真が展示されていた。
ああ、世の中にはまだまだ寄生虫が蔓延していて、苦しんでいる人が多勢いる。それなのに私は「気持ち悪いかそうでないか、インパクトがあるかそうでないか」でしか寄生虫を見ていなかった
人間が寄生虫で苦しむなんて、遠い過去のことだと思っていたけれど、今の日本でも肉や野菜なんかに寄生虫がくっついていて、それを食べてしまう可能性はゼロではない。気をつけなければならないことだったのです。はい。

神妙な面持ちで階段をおりる。
わずかながら寄付をして施設を退場。(入場無料で寄付制)


よし、ピザ屋へ行こう。
食べ物への切り替えは自慢です。

 

行った店はここ。↓
http://tabelog.com/tokyo/A1316/A131601/13003385/
マルゲリータがめちゃくちゃ美味しいの。

0 コメント

2014年

8月

15日

コミケ86 

参加してきました!

 

 

 

まずお知らせ!

 

✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿

 

委託先は の穴

     COMICZIN
     メロンブックス

     DLsite様      です!

 

ぜひぜひ!!

 

✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿

     

お知らせ終わり!

 

コミケは一般参加の経験もない、ずぶの素人……

人の数にびびりまくりでした。

 

雨が降らなくてよかったです。

 

 

 

 

↑私のブース(なぜかピントが合わなかった)

 

後ろのポスター立ては知り合いの作家さんにお借りしました。

ポスターのサイズはA2です。

家で見たときは「でか!」と思ったけど、会場に置いてみるとあら小さい…

 

 

コミティアに来てくださる方もちらほらお見かけしました。

ひとりぼっちの初参加コミケの私だったので、なんだかホッとしました〜( ´˂˃` )

お隣のサークルさんにもいろいろとお世話になりました。

こ、これが人の人とのつながりってやつなんや……

 

帰りは一人回転寿司してきました。

最近の回転寿司って、すごいですね。

食べ終わった皿を専用の落とし穴に入れたり

注文用のベルトコンベアーが別にあったり。

 

お一人様が平気すぎて可愛げない今日この頃でした。

 

 

 

参加された方々、お疲れ様でした!

明日あさって参加される方はどうぞ熱中症等にお気をつけて〜!

 

ではでは。

5 コメント

2014年

8月

08日

コミケ86 おしらせ

夏コミまであと一週間!

ほむまど本です!

サイゼリヤ風のロゴは気に入っている。

 

 

 

私のスペースは

東6 ピ49-a

です! きてね!

 

 

既刊(オリジナル同人誌)もある分だけもっていきます!

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む 0 コメント

2014年

7月

25日

進捗状況など

久しぶりに更新です!

 

最近は、夏コミに向けて制作してます!

表紙の下書き〜

 

原稿はもう出来てるので、あとは表紙だけ!

 

24pB5版にする予定。

後日ツイッターでもちゃんと告知しようかな。

 

ほむ→まどの全年齢向。

 

 

 

 

さてさて話は変わりますが、

この前、日本橋アートアクアリウムに行って参りました。

 

 

夜はDJとか、バーとか、クラブっぽくなる日もあるらしい。

(私は平日の昼に行ったので体験せず)

 

浴衣姿で鑑賞している人もいました。

続きを読む 0 コメント

2014年

5月

25日

冷たい熱帯魚

という映画を観ました。

 

※グロいの、こわいの、残虐なの、ヘビーなのが苦手な人はぐぐらないほうがいいと思います。

 

 

英題は『Cold Fish』

冷淡な人、という意味。

 

これを観て「心から冷淡な人なんているのかな〜」と思いました。

冷酷なこと、残忍なことをしてても、それはあたたかい血がそうさせていることだなあと。

 

共犯者の愛子と、主人公の社本が特に魅力的だった。

愛子の終始変わらぬ行動原理みたいなものと、社本の人間性の変化が面白い。

愛子のキャラクターは終盤になってから徐々に分かるんだけど、最後まで狂い方が可愛らしい。

社本は後半の変わり様が見どころ。

 

主犯の村田はほんとサイコパスなんだけど、その原因となる過去がちゃんとあるからちょっと納得できる。

でも本当のサイコパスって先天性だったりするみたいね。

 

 

以前、この映画のモチーフになった事件の犯人(この映画で言うと愛子の立ち位置の人かな?)

が描いた絵を見たことがある。

色鉛筆で描かれていて、手が入っていて上手だった。

雪が積もる枝の上で、二羽のふくろうが寄り添っている絵。

事件の内容を知っていたので、えも言われぬ不気味さを感じた。

 

 

救いないし、長いし、百合クラスタにオススメする気は全くないです。

個人的には観てよかった。

4 コメント

2014年

5月

24日

コミック百合姫 2014年 07月号 発売

5月17日に、百合姫7月号発売されました!

 

 

 

…更新遅くなってしまいました。

 

 

「ホームスイートレシピ」を掲載させていただきました〜

 

 

 

 

 

 

 

はっさく大福、好きなんです。

 

自分でも何度か作ってみて、一番かんたんな方法を描いたつもり、です。

 

ツイッターで、実際に作ってくれた方がいらっしゃって、嬉しかったです。

 

同様のやり方で苺大福もつくれる思う。

でも苺大福に入ってる苺って、なんか炭酸っぽいシュワッとした感じあるよね。

あれはどうやって作るんだろう…。ふむふむ。

 

 

あ、百合漫画です。

3 コメント

2014年

5月

06日

COMITIA108

参加してきました!

 

お越し下さった方、本当にありがとうございました!

 

今回はサークル参加数が多かったので、一般参加人数もその分多く、

いつにも増して盛り上がったのではと思います。

 

持っていった分の新刊は完売いたしました。

あとは関西コミティアと委託(COMICZIN様、とらのあな様)にて販売予定です。

描いたスケブ〜

 

基本的に、全部ちがうポーズで描いています。(飽きるので)

 

描くのが早くうまくなればもっと沢山描けるのにな〜

最近は家でコミスタを使用しているので、

アナログで緊張感を持って描けるスケブは新鮮でいいですね。

胴がながかった。

続きを読む 4 コメント

2014年

5月

02日

あずきばー

アイスの季節がくるよ〜

0 コメント

2014年

4月

30日

COMITIA108詳細

GWの予定はコミティアのみ!

すがすがしい!

漫画に生きてる感がすごい。

 

↑5/5コミティア108で出す新刊の表紙です。↑

 

背景は私が以前住んでいた広島県尾道市の町並みです〜

この地域はあったかくて海は穏やかで、ほんとに好きだ♪

 

 

 

前回つくったコピ本も持っていきます。

 

5月18日に開催される関西コミティアにも持っていく予定です。

 

それ以降に作る予定はないので、お求めの方は是非この機会に…!

 

 

続きを読む 4 コメント

2014年

4月

18日

イノセントノイズ発売開始です!

本日、「イノセントノイズ」発売開始しました〜!

 

1年分の読み切りを詰め込んだ、3冊目のコミックスです。

 

 

描きおろしカバー裏もぜひぜひ!

 

COMICZINさんで買うと、購入特典がつきますよ♪

 

 

 

 

よろしくお願いいたします〜!

9 コメント

2014年

4月

10日

おでかけ色々

 

 

先日、新宿御苑に行きました〜。

桜は散りかけだったのですが、良いお天気でよかったです。

水たまりに花びらの絨毯ができていたのでパシャリ。

 

 

 

 

 

お酒の持ち込みが禁止だったためか、お子様連れが多かったです。

 

 

 

続きを読む 0 コメント

2014年

3月

18日

百合姫5月号発売です。

今月号の百合姫に、「天使がいた日」を掲載させていただきました。

 

 

私が百合漫画家になったら描きたかった三大テーマ(ネタ?)

 

1!いじめ!

2!アイドルもの!

3!

 

…が、これです。

 

 

1は「最低女神」で、2は「キラキラの中身」で描いたので

最後の砦(?)が描けて、個人的にはやりきった感があるのですが

 

なにはともあれ……

 

読者様の反応がこえええ……!

ツイッターでエゴサーとかもうできないね。

 

 

最近バッドエンドっぽいの描いてなかったので

びっくりさせてしまった方がもしいらっしゃいましたら申し訳ないです。

フォロワーはずさないでいてくださると有り難いのですが…。

もう暗いの描くつもりないし…

 

単行本発売の近いセンシティブな時期に何を怖いことやってんだろうか私は…。

あの時は描きたすぎて、わけがわからなくなっていました。こわい。

本当はもっともっともっと悲惨だったんだけれど直してこれです。

 

 

漫画家になった時、

自分が描きたいものを描きたいー!と思っていたのですが

徐々に、人を楽しませたいとか幸せな気分になってもらえたらとかいう

気持ちが芽生えました。(いや、最初から持っておけよと言われるとそうなのですが;)

 

その前に自分のやりたかったことをやってしまえば、もうなんにも悔いはないだろうと思ったのです。

1や2の題材はともかく、

3の題材は「これは百合姫では描かない方がいいだろう…」と思って今まで置いてたのですが

やっぱりいつまでも残していると未練が残るなと思いまして…。

3の題材じゃなければ表現できない百合もあると思うので、描きました。

 

「天使がいた日」は、私にとっては区切りになる作品です。

 

 

ただ、次の単行本を出すためには、「イノセントノイズ」が売れなければ出せないわけで…!

ある意味賭けなわけです!こわい!

買って…いただきたい…!

こんな私ですけど…漫画を続けたい気持ちは変わらないのです。

 

 

4月に新刊「イノセントノイズ」発売です。

 

ではでは。

 

10 コメント

2014年

3月

01日

ふれと

フレンチトースト

略してフレト

 

を食べました。

パンケーキの次は

フレトらしいです。

 

吉祥寺駅近くにある

タルタートというお店。

 

最近の甘いもの屋さんは

ボリュームがあって

満足度はんぱないですね。

美味しかった! 

 

ではでは

0 コメント

2014年

2月

03日

COMITIA107

昨日はコミティアに参加してました!

スペースにお越しの方、ありがとうございました!

 

 

こんな感じで設置。

 

今回はイベント限定の8pコピー本を作りました。

予想以上にはやく完売してしまい、嬉しいよりも申し訳ない気持ちです…。

 

「売れ残ったらへこむ!」という気持ちが部数に表れたか…。

でも売れ残って「あーあ」って思う気持ちよりも、「売り切れました」と告げたあとの相手の残念そうな顔を見る方がはるかにつらいですね。

 

売れ残ったっていいじゃないか!コピー本なんだし!

 

 

とにもかくにも、お越し下さった方ありがとうございました!

お菓子や紅茶などの陣中見舞いもうれしかったです〜!

 

ではでは!

 

2 コメント

2014年

1月

18日

百合姫3月号発売です。

百合姫3月号発売です。

私も読み切りを掲載させていただいております。

よろしくどうぞ!

 

堕落していく大学生を描きました。

 

今日も明日もセンター試験で

受験生たちは息も絶え絶えだというのに!

受験生ふぁいと!

 

↓下のイラストは、今回のお話のキャラのラフです。↓

 

 

左がるり子で、右があかね。

最初、るり子はどこまでも明るくてバカっぽい性格、あかねは大人しくて真面目な性格でした。

スニーカーは

 

こういうのをイメージ。一時期流行りましたよね。

今は廃れてるのかしら…。描くの楽しいです。

 

あとソックスガーターもそそる。

↓下の絵の、 赤いやつがソックスガーター。↓

続きを読む 6 コメント

2014年

1月

04日

新年

三箇日も過ぎちゃって今更なんですが、

あけましておめでとうございます。

 

昨日、実家から自宅に帰ったのですが、なにしろ新幹線が大変なことになっていました…。東京〜品川間の線路付近で火事があり、その処理で線路が通行止め、結果4時間くらい新幹線が遅延。

私は始発から乗りこんだので座れましたが、通路には立っている人もたくさんいて大変だなあと…。始発から終点までずっと立っている人もいて可哀想でした。

でも席はゆずらない自分。これが偽善というものか…。

と思っていたら、隣の座席で眠っていた10歳くらいの女の子が、私の肩と私が座っている席の背もたれの間に頭を押し付けてすーすー寝てきて激しく萌えました。

あったかいー頭ちっちゃいー(* ´ ˘ ` *)

そんな感じの昨日でした。

 

 

 

 

近々の予定は

 

1月発売の百合姫に掲載

2月2日のコミティアに参加

 

です。

 

 

ではでは。

 

0 コメント

2013年

12月

23日

遊ぶ

友達とクリスマス会しましたー
人が来るとなると部屋の掃除をしなければいけなくなるので、いいですね。

 

花とか生けてみたり。

 

全部そのへんに生えてた雑草です。

ポトスも自生してた〜

茶色くなった猫じゃらしはかわいい…

 

 

クリスマスっぽいケーキ!
手前から、煙突のある家、サンタの帽子、クリスマスツリーがモチーフなのかな。

深い話とかはせず、三人でもくもくと生中継のフィギュアスケート観てました。

 

高橋選手が競技中に手から流血してて「あれは演出か」「いや演出じゃない」と盛り上がりました。

結局ケガでした。

あんなに血が出てるのに集中して演技しててすごいな〜がんばってるよな〜
私がコタツに入りながらダラダラしてるその瞬間にも頑張ってる人たちはたくさんいるんだよな〜

わわわ〜ケーキうまい〜

0 コメント

2013年

12月

18日

羊のオーナメント

原稿やってる時ずっと

「羊毛フェルトやりたいな〜羊毛フェルトやりたいな〜」

と思っていたので羊毛フェルトやってみました。

 

 

 

綿みたいなフワフワしたやつを、ひたすら針で刺して形作っていきます。

 

とにかく針が…指に刺さりまくりで…

初めてやる人は、絶対に指サックを買うべき!血をみるぞ!

 
 
 
全体図↓

初めてにしてはまぁ…形になっただけでも合格かなって……はは。

0 コメント

2013年

11月

24日

「かぐや姫の物語」感想

仕事が一段落したので、昨日はお休みとすることにしました!

 

そして「かぐや姫の物語」を観てきた!

まどマギの映画観たとき予告が流れてて気になってたのだ~。

 

 

以下感想。

ネタバレ注意です。

めっちゃネタバレしてます。

最後のシーンまで書いちゃってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一度書きますがネタバレ注意です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの墨っぽい絵で全編いくのかなと思っていたんだけど、やはりそうだった。

最近のぬるぬるした動きじゃなくて、がさっとした動きで、躍動感を感じる。

ただ、アナログっぽさだけじゃなくて、しかるべきときにはCGっぽさも取り入れてて、

なんていうかツールを使いこなしてる感がすごかった。

 

個人的にはかぐや姫の髪の質感が好き。

私は巻田はるかの、かすんだ墨の髪の毛が好きなんだ。

 

 

声優は全く予習せずに観たので、エンドロールで驚かされた。豪華な面々…!

伊集院光は、かぐや姫に求婚する五人の貴公子のなかで一番伊集院っぽいのが伊集院。

いや~~声がみなさん素晴らしかった…!

とくに翁…。調べてみると地井武男さんだったのね…。

開始10分で翁がかぐや姫を「おいでおいで」するシーンで泣かされました。うう…溺愛おじいちゃん…。

 

 

ストーリーは「竹取物語」の流れに沿って、鑑賞者がかぐや姫に共感できるように作られている。

 

キャッチコピーは「姫の犯した罪と罰」

私はこれに興味をそそられた。

かぐや姫に、そんな印象はなかったので。

 

映画を観てから調べてみると、姫が罪を犯したというエピソードは、原作「竹取物語」にも書かれていることだった。姫が罪を犯して、その罰として地球に行かされたことがちゃんと記されているのね。

(知り合い二人に話してたらどちらも知ってた…。「授業でやったよね」って言われた…。

 すいません、授業中は落書きしてるか寝てました…)

 

かぐや姫を迎えにくるシーンで、月の人が

 

「かぐや姫は罪をつくり給へりければ、かく賤しきをのれがもとに、しばしおはしつる也。
罪の限果てぬればかく迎ふるを、翁は泣き嘆く、あたはぬ事也。はや出したてまつれ」

 

と言っている。

これは

 

「かぐや姫は罪を犯したので、お前のいるこのような汚れたところにいるのだ。

 罪は終わったのでこうして迎えにきているのに、なぜ泣く?はやく見送ってやりなさい」

的な意味。

 

 

一体どんな罪なのか、原作では明記されていないらしい。

不倫説とかもあるようで。

 

 

 

「かぐや姫の物語」での、姫の犯した罰とは一体なんだろう?

 

まず、月世界の人(以下:天上人)からみた月と地球の印象をまとめてみる。

(『』は映画のなかでの台詞。)

 

 

 … みんな争いごともなく、穏やかに暮らしている。極楽のような世界。

    みにくい、つらい感情などはなく(というか感情そのものがない?)心がざわつかない。

    生きていない状態(死とか、生まれる前)

 

地球 … 『禁断の地』『心がざわつく場所』

     憧れてはならない。流刑地にされるような場所。

    生?

 

月にいた頃のかぐや姫は、地球に行った経験のある天上人に出会っている。

その天上人が地球の歌を歌っている姿に魅せられた姫は、「自分も地球にいって生きてみたい」と思ったのよね。

天上人は地球を『禁断の地』と称しているので、この気持ちは罪なのだろう。

その罰として、地球におろされたんだろうな。

姫の台詞『生きるために生まれてきた』は、月側から見ると贖罪なのかな。

 

生まれ落とされて、いろいろとつらい想いをした姫は、自分が天上人だったことを思い出し、月に帰りたいと願う。

でもおじーもおばーも捨丸も大好きなので、やっぱり帰りたくない。

でも一度願ってしまったので天上人は迎えにくる。(「月に帰りたい」という気持ちが贖罪完了の証なのかしら…)

天上人は「もう罰は終わったから苦しまないでいいのよーこの衣をはおって忘れましょうねー♪」って言うけど

姫は、いや苦しみもどんな想いも輝いていてそれが生きるということでみたいなことを力説するけど

やさしく衣をはおらされてフッと無感情になってしまう(ここ切ない…)

そして月に帰っていく…。

月に姫の赤ちゃんだった頃の姿がうつされて終わり。

この演出は、生きるということをまだ知らない段階にもどったということでしょうか…。

 

 

月の世界からすると、「生きたい」と願うことが罪で、

地球の世界からすると「死にたい」と願うことが罪って感じで陰陽模様のようになっているのかなー。

死にたいと願っても、本当は別れたくない色んなものがあるんだから、いざそれと別れるとなったらつらいよね。

自分が一旦願ってしまったのなら尚更。それが地球においての罰なのか。

でも願わなくても死ぬしな。どうなんだろう。

死にたくない死にたくないと思いながら死んだってそれはそれでつらいしな。ちょっと分からなくなってきた。

 

 

 

 

 

長くなったので、難しいこと考えるのはこの辺でやめとこう!

 

一つだけもやっとしたのは、姫と捨丸が再開するとき、捨丸には奥さんと子供がいたのに

姫といちゃいちゃするところや!不倫やないか!結局夢オチやったけど!

そこも「罪と罰」理論で考えていけばいけなくもないけど感覚的にやでした!不倫萌えない!

捨丸はあののっぺり顔の奥さんを大切にして!

 

一番好きなキャラは女童。

姫とのツーショット癒される…!

あれの二次創作あったら買う。えんえん羽子板とかで遊んでる漫画ください。

 

 

 

0 コメント

2013年

11月

20日

コミック百合姫 2014年 01月号 発売

発売中ですよ〜!!

 

私は「羊と氷菓 後編」を掲載させていただいております!

初めての前後編でした…!担当さんありがとうございますっ…!


千晶を悪い奴にしないよう気をつけました。

結果、若干不憫になったけど…あれでいい!気がする!

 

よろしくお願いします。

 

ではでは。

 

2 コメント

2013年

10月

25日

同人「ひどいよ!!ニシキちゃん」委託開始

委託先は

 

COMIC ZIN様 

 

とらのあな様

 

です!

 

 シックスセンスがフリーメイソン~!! 


ただいま不思議体験中!?

サークル【テロメア】が贈る

ちょいグロ微百合。

吸血鬼ちゃんとゾンビちゃんの

バイオレンスコメディ。


そしてほんのりラブな『ひどいよ!!ニシキちゃん』がとらのあなに登場♪ 


血飛沫上等!

吸血鬼ちゃんとゾンビちゃんでメルヘンに次ぐメルヘン応酬!
オカルティックでセクシャルエッセンスをたっぷり含んだカオス! 

自然に狂った設定に不思議と惹きこまれる謎仕様。
いつしかアナタのハートはハルマゲドン! 

死んでいるのに元気なところがいい感じ♪
あーん もうだめ シャングリラーーー!! 

 

 

 

……虎の穴さんの商品紹介を引用させていただきました。

テンションの高い文章を書けるようになりたい。

 

よろしくですです!

ではでは。

0 コメント

2013年

10月

20日

コミティア106

参加しました!

 

 

スペースにお越しくださった皆様、ありがとうございました!

 

今回の新刊は「ひどいよ!!ニシキちゃん」ってやつです。

 

読者のことなど微塵も考えていない、自分が楽しんだだけの代物…。

それを売りつける…まさに下衆の極み…。

ああこんなこと言っちゃったら売れない…印刷代すら戻せない…
 
「その辺のふたり」の「これまで編」と「それから編」も持って行きました。
「これまで編」は、ティアマガジンに掲載させていただきました〜!
 
…からか、新刊より売れましたw
新刊の行方が心配!
 
 
それはともかく、スケブも沢山描かせていただいて、充実した時間でございました。
差し入れくださった方もありがとうございます…!
おいしくいただいております!
好き嫌いないっていいね!
 
ではでは。
0 コメント

2013年

9月

18日

コミック百合姫 2013年 11月号発売

発売です〜

 

私は「羊と氷菓 前編」を掲載させていただきました〜。

初めての前後編…!ざわ…ざわ…

 

もともとは32pくらいだったのですが、担当さんとの打ち合わせで前後編やらせていただくことになりました。すごい嬉しかった…。

でも絵が固かったり、後編のプロットで色々話が変わったりして、続き物の大変さを少し知った気がします。

最近絵が固いのでもう少しのびのび描きたい。

私は目はあまりでかいのは好きくない。

 

ではでは。

0 コメント

2013年

8月

18日

同人「その辺のふたり これまで編」委託開始

同人誌です。

 

委託先は

 

COMIC ZIN様 

 

とらのあな様

 

DL site様 

 

です。

 

 

 

 

前作「その辺のふたり それまで編」 の系列(?)

 

それまで編 → 二人がくっついてからのゆるい日常(社会人)

 

これまで編 → 二人がくっつくまで。なれそめ話(大学生)

 

そんな感じ。

 

1巻2巻というわけではなく、どちらから先に読んでいただいてもOKです!

 

 

 

そんなに恋愛恋愛してない…かもしれない。わからない。

でもリアルなんで!

リアルっていうか実話なんで!

実話を元にした創作物なんで!

恋愛恋愛してなくても、それはしょうがないじゃないですか人生て恋愛だけじゃないんだし(必死

 

すみません、どうぞよろしくです。

ではでは。

0 コメント

2013年

8月

18日

コミティア105

コミティア105に参加いたしました。

 

初の同人誌即売会…!

人ごみがイヤだったり、うまく手続きできるか不安だったり、一冊も売れなかったらどうしようとかグダグダ考えてて今までやってませんでした。

 

「でもなんかやってみてーなー」というなんとなくな感情が高まりに高まり、ついに参加を決めました!

 

スペースにお越しいただいた方、本当にありがとうございます。

スケブとかも初体験で、楽しかった。あれ、時間配分が分からないね。

 

あと差し入れとかも頂いちゃって…!

え、いいの?私に?感動です!

 

パイうめ!

 

他にも差し入れてくださった方、ご購入いただいた方、ありがとうございました〜!

ではでは。

0 コメント

2013年

7月

18日

コミック百合姫 2013年 09月号発売

発売ですよ〜

 

私は「ナツヤスミ」という話を掲載させていただきました。

よろしくです!

 

なんかこう〜

最後でドキっとさせられるような?

実は死んでたみたいな?

ミスリードみたいな?

そういうの、あこがれますよねぇ。

 

ではでは。

0 コメント

2013年

5月

18日

コミック百合姫 2013年 07月号発売

発売ですよ〜

 

私は「美しくなる日」という話で掲載させていただきました。

よろしくです!

 

やくしまるえつこさんの「ルル」という曲を聴いてて

「たぬきねいりしてる子をツンツンするようなおふとんいちゃいちゃっていいね!」

と思ったのがきっかけ。なのかも。

 

ではでは。

0 コメント

2013年

5月

18日

コミックス「ツミキズム」発売

おかげさまでコミックスでました〜。

二冊目です。

デザイナーさんが表紙の色にこだわっていただいたみたいで…!

積み木みたいなタイトルロゴが可愛いですね…!うれしい。

 

 

よろしくお願いいたします。

ではでは。

0 コメント

2013年

3月

18日

コミック百合姫 2013年 05月号

 

発売ですよ〜 

 

私は「みつけちゃ、ダメ」という話で掲載させていただいております!

OL百合です!

なんかこれ描いててすごい楽しかった!

うふふ。

 

ではでは。

0 コメント

2013年

2月

03日

デジタル販売開始

「その辺のふたり それから編」のデジタル販売を開始いたしました。

 

よろしくお願いいたします!

 

 

ではでは。

0 コメント

2013年

2月

01日

百合姫3月号発売

してます。結構前に。

よろしくお願いいたします。

 

今回は年の差百合を描いてみました。

 

キャラ設定されてるタレントって大変だと思います。

 

ではでは。

 

2 コメント

2012年

12月

06日

発売しました

50%ノンフィクション百合です!

 

COMIC ZINにて委託販売中です。

 

一冊630円

 

 

 

うーん、財布に厳しい!

 

このご時世に厳しい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしこれが売れたら

私は関東に引っ越せるのだ…。

 

そんな私的な企みもありつつ、

 

お手にとっていただけると幸いです。

ではでは。

 

 

4 コメント

2012年

12月

05日

同人「その辺のふたり それから編」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうすぐ発売!される!はず!だと思う!

 

ここのサイトで以前UPしていた「えーにっき」という漫画を同人誌にしてみました。

くわしく!

サイトでUPしていたデータを原稿に書き下ろしたものもあれば、

まったく新しいネタもあります。

 

COMIC  ZIN様に委託させていただく予定です。

 

発売されましたら、どうぞよろしくお願いします〜。

 

ではでは

 

 

0 コメント

2012年

11月

17日

百合姫2013年01月号発売です

 

 

 

百合姫1月号発売です。

 

 

私は「ツミキズム」というお話で掲載しております。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

もう1月なのかー。

年越しちゃってるじゃないか。

 

なんで雑誌って、「○月号」がこんなにも早め早めなのか。

たとえば4月1日に発売される雑誌が「5月号」だったりする。

4月のはじめに売るなら4月号でいいのではないかしら…。

小学校のころから疑問だったけど、未だにしっくりくる答えが出ていない。

 

 

 

前号の百合姫が出た時に、「ハードな内容描きたいぜ!」とか言っておいて、これです。

申し訳ないです。

私の場合、もっと発言に気をつけなければ。ではでは。

2 コメント

2012年

11月

05日

こーこここ

買ったよ。

0 コメント

2012年

9月

18日

コミック百合姫 2012年 11月号

発売です。

 

 

 

 

今回はなもり先生の「ゆるゆり」ではない百合漫画が読める貴重な号です。

 

ぜひぜひ!

 

 

 

 

 

 

 

 

私も掲載させていただいておりますので、よろしくお願いいたします。

短めではありますが…。

 

私は百合において、あまり「女同士であることの障壁」を描かない方だと思いますが、今回はちょっと入れてみました。

付き合うまでは勿論だけど、付き合ってからでも、この問題って大きいのかもしれない。

 

 

 

百合の普及とともに、

「女同士=タブー → 乗り越える」みたいな話は

スタンダードであるからこそ、良いんだけど、

もすこし、いろんな要素を入れていきたいなーと思ってはいます。

 

個人的にサバイバルものとか、銃とかガスマスクとかそういうアイテムを

女の子に加えるのが好きなので、そんな百合漫画を描きたいんだけど。

 

ただ、ハードな内容を百合姫で描くのはどうなんだろうという思いもあります。

「井村瑛って人がなんか流血とか暴力とか描いてて不快だからもう百合姫買わね」

ってならんだろうか…。

自意識過剰なんだろーか…。

 

嫌われる覚悟しなきゃな。

 

 

ではでは。

4 コメント

2012年

8月

24日

山形

ここ数日、母の実家がある山形に行っておりました。

 

 

「あつみ温泉」駅で下車。

その名のとおり温泉街。

しかし別府やら箱根やらのメジャーどころではなく、また奥まった場所にあるので、

なんとも静ひつな、というか、

のどかだけど、どこかサスペンスの香りがするような…。

とか思っていたら、土曜ワイド劇場「温泉若おかみ殺人推理24」という

ドラマの舞台になっていたらしい。

放送終了後だったので残念なのである。

 

 

 

ここに来るのは三年ぶりくらいかな、特に何も変わってなかった。

あ、家の近くにクリニックができてた。

ありがたいと、祖母が穏やかな顔で言っていた。

 

コンビニもない、お店はみんな個人商店、

小さなスーパーは10:00〜17:45まで(あと15分がんばれないのか)

という、まぁー田舎。

 

私の住んでいるところも都会ではないけど、ここにくらべたら。

だがそれがいい。

 

 

 

 

 

 

散歩した。

テトラポットの隙間には、カニがたくさん。

歩くたびに、フナムシがぞわぞわっと逃げていく。慣れると平気。

 

 

 

海は澄んでいて、深いところまで見える。

海藻がすごい。

続きを読む 0 コメント

2012年

7月

19日

百合姫9月号発売です

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

amazonで見てびっくりしました。

 

や、やすい…!?

 

 

頑張りましたね…!

 

ふだん百合姫を読まない方も、これを期に買ってみてほしいな〜なんて思ったりします。

 

 

 

 

今回、私は歯医者さんの話を描きました。

 

歯の治療の様子をyoutubeとかで見たのですが、

「なんでここまでほっといた…?」と疑問になるくらい

もうめちゃくちゃな虫歯の人もいました。

 

無いんだよ、歯が。

歯茎に黒いなにかがあるだけという…。

その段階までいくと、もう痛みはないみたいですね。

 

虫歯には気をつけたいものですね。

 

ではでは。

2 コメント

2012年

7月

09日

ちょっと変えてみた

びみょうーーにサイトをリニューアル?してみました。

 

上の画像と、ブログをカテゴリ分けしてみました。

っていっても「おしらせ」と「日記」と「雑記」という、とてもざっくりなカテゴリ…。

日記と雑記の違いって何?

 

 

ところで、最近やたらと化粧品の成分が気になるのです。

 

合成界面活性剤が肌によろしくない、というイメージは以前からあったのですが、

調べるほどに「あ、これはあまり肌につけない方がよいなぁ」と…。

 

水と油を混ぜるためだったり、肌の奥まで有効成分を押し込めるためだったり、

ちゃんと配合する理由はあるんだけど、結局は肌を溶かしているようなものみたいで。

有効成分を角質層に入り込ませるために表面の角質をどかすとか、

なんだかちょっぴり押し売りみたいです。

 

調べるほどに「化粧品成分の世界は奥が深いなぁ」と思ってしまいます。

 

自分に合ったコスメを探すことを「コスメジプシー」と呼ぶらしいです。

なんか好きです、この響き。

0 コメント